探偵の資格

探偵になるには特別な資格必要なのか?国家資格があるのか?

現在、日本の法律には探偵になるのに必要な資格はありません。
ですので、当然、国家資格はありません。

必要であるのは探偵業法で定められた届出だけで、これは探偵社者である経営者(社長・オーナー)に義務付けられたものであり、社員については何も無いのが現状です。
探偵学校の中には、探偵にも資格があり、そこを卒業すれば国が認定した資格が取得ができるかのような表示がなされているところもありますが、探偵社に就職するのに何の役にも立たないと断言しても良いでしょう。

ガルエージェンシーグループでは、所属する全ての調査員(面談相談員除く)にガル探偵学校の卒業資格を義務付けています。
それは、探偵業界最大手のコンプライアンスを重視する総合探偵社として同業他社との差別化をする為と、高い調査力を維持する為です。
他には、探偵学校では探偵業法と共に、探偵に必要な刑法や民法の授業もありますので、安易に違法行為に手をだすようなことがないように、基礎知識を身に着けてから就職する為でもあります。

探偵士や調査士というのを見かけたのですが?

上記で解説した通り、探偵に国家資格はありません。
貴方が見た「探偵士」「調査士」といった類のものは、どこんかの誰かが勝手に作った創作語です。
探偵に必要な資格であるとの錯誤を意図する狙いや、探偵社に依頼を考えている方へさも専門資格をもった探偵(調査員)が対応しているとの思わさせる狙いがあっての言葉だと思います。

そのことについては警視庁の主導による東京で行われた探偵業へ説明会においても、担当者が明確に「望ましい名称ではなく、今後は認めて行かない方針」との説明がありました。
さらに「士業」とは、国家資格保有者に対する呼称であり、さも探偵業が国家資格であると錯誤するような社名や消費者保護の観点においても問題であると話をされていました。

そういったことも踏まえ、探偵学校や探偵社を選ぶ際の材料とされてはいかがでしょう?

このページの先頭へ